夏のフォトウェディング (6月・7月・8月) 

ご相談
お問合せ・資料請求

0120-756-707

Fax.052-756-0008

THE SKY WEDDING
【営業時間】
平日  11:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
月曜定休(祝日の場合営業/翌日休業)
愛知県名古屋市中区栄3-28-130 1F~3F
夏の夕日フォトウェディング

情熱と灼熱の色を写す、
夏色フォトウェディング。

もう一度君に「恋」をする

夏のフォトウェディング (6月・7月・8月) 

夏と言えば、空!海!太陽!
日は1日を長く照らし、景色は明るく、スカイブルーやビタミンカラーの季節に。

このシーズンは、梅雨や暑さが懸念されることもありますが、実はその対策さえすれば、色鮮やかでとても綺麗な写真が残せるシーズンでもあります。

今日は、夏シーズンの対策やお勧めのロケ地や写真をいくつかご紹介させて頂きます。

6月・7月・8月に前撮り・フォトウェディングをご検討されている方は、是非最後までお付き合い下さい。

内海のビーチを歩く新郎新婦

目次 Index

・夏のフォトウェディングのメリットとデメリット
  -メリット
  -デメリット
・夏のお勧めロケーション
  -海・ビーチなどの夏らしいスポット
  -深緑の映える場所
  -冷房の効いた室内
・夏シーズンそれぞれの写真の雰囲気
  -6月 ジューンブライド
  -7月 梅雨明けの夏らしい空
  -8月 1番夏らしいフォトウェディング
・夏のフォトウェディングの注意点
  -暑さ・虫対策
  -衣装の工夫
  -準備する物
・夏のフォトウェディングのまとめ

和装でジャンプ
向日葵と二人の手

6月~8月の辺りで撮影をしたいけど、具体的に何月にしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

魅力たっぷりの夏フォト!
では、早速見ていきましょう。

Pros × Cons

夏のフォトウェディングのメリットとデメリット

夏の日差しがキラキラ光る結婚写真

Merit

メリット

夏の空は、年間の中でも太陽の位置が高くなることから、「明るく爽やか」な結婚写真が撮れます。

また、桜・紅葉に続き人気の「新緑」ですが、この新緑が一番キレイなシーズンでもあり、深い緑がキラキラした鮮やかな写真に仕上がります。

スタジオにより異なりますが、梅雨シーズンはお得なキャンペーンがある事も?!
梅雨シーズンだけの特別割引やプレゼントがある場合は、デメリットをメリットに変えられますね♪

白い紋付とブルーの色打掛を着ているふたり

Demerit

デメリット

デメリット1は、暑さです。
夏の強い日差しは体力を消耗するため、対策が必要です。

デメリット2は、虫です。
ロケーション場所によって異なりますが、蚊や虫対策が必要です。

デメリット3は、汗です。
汗をかいてせっかくのメイクが取れてしまわないように、細かなサポートが必要です。

デメリットが3項目ありますが、ご安心ください。
後から紹介する、「夏のフォトウェディングの注意点」をしっかりと確認すれば、乗り越えられます!

Summer Location

夏のお勧めロケーション

海をバックにタキシードとウェディングドレスを着たふたり

Let's go to Beach!

海・ビーチなどの夏らしいスポット

夏と言えば、海!

暑いのはどこにいても暑いので、思い切って夏らしいロケ地を選んで見ませんか?!

海は風通しも良く、何よりも気分が高まるので、真夏の暑さも乗り越えられるスポットとしておすすめしています。

また公園などでは味わえい、リゾート感溢れるウェディング写真が撮れたり、夕日をバックにロマンチックなサンセットフォトも撮れます。

名古屋で人気のある海ロケーションは、内海、りんくうビーチ、佐久島です。
それぞれの魅力があるので、お客様の声のページなどから実際に撮影した雰囲気を見ながら是非比較してみて下さい。

深い新緑と花嫁

Deep Green

深緑の映える場所

葉っぱは色んな色に変化して行きますが、サマーシーズンの葉で特にキレイなのが、深緑(しんりょく)の葉です。

3月~5月に色ずく、新緑(しんりょく)とはまた別の、深い緑と書いてしんりょくです。

5月頃までは若葉ですが、6月頃~青葉に代わりより深みを増します。
この緑がウェディングドレスや着物(特に白無垢)をより惹き立て、若葉とはまた違った味のあるクールでかっこいいウェディングフォトカラーになります。

名古屋の公園だと、名城公園、庄内緑地公園、大高緑地公園、鶴舞公園がおすすめです。

お茶室で紙風船を使って遊んでる新郎新婦

Indoor

冷房の効いた室内

夏の撮影でお勧めなのは、やっぱり室内は外せませんね。
洋装と和装をどちらも撮影されたい場合、どちらかは室内を選ぶことをお勧めします。

室内のロケ地でも、空調設備がない施設もありますので必ずプランナーに確認するようにしてください。

クーラーのあるロケーションまたは、スタジオ撮影ももちろん良い選択肢です。
実際に、年間を通して1番人気の組み合わせプランは、和装ロケーションフォト&洋装スタジオ撮影になりますので、このパターンを選べば夏でも快適に撮影をすることが出来ると思います。

川の横で和装撮影してる夫婦

夏シーズンのウェディングフォト

  • 6月

    白無垢にピンクの掛下でオシャレコーデ

    Jun.

    ジューンブライド

    6月のフォトウェディングは、結婚の月とも言われている「ジューンブライド」という事もあり縁起のよい月ではありますが、梅雨シーズンと重なることから、結婚式ほど人気の月ではないようです。

    梅雨シーズンのキャンペーンなどをうまく利用してお得に撮影できるのであれば、気温はまだ暑くないのでお勧めしても良いと思います。

    人気度 ★★
    快適さ ★★★★
    混雑度 ★★★★  ※混雑度は星が多い方が空き有。
    お得感 ★★★★★

  • 7月

    Jul.

    梅雨明けの夏らしい空

    7月のフォトウェディングは前半には七夕もあり、7月7日に撮影をしたい方や、7月半ばになると梅雨も明け深緑での撮影やビーチでの撮影、室内での撮影が人気となります。

    人気度 ★★★
    快適さ ★★★
    混雑度 ★★★★   ※混雑度は星が多い方が空き有。
    お得感 ★★★★★

  • 8月

    ヤシの木と新郎新婦

    Aug.

    1番夏らしいフォトウェディング

    8月のフォトウェディングは写真全体が夏色の元気ある結婚写真。
    ビーチを駆け抜けたり、バルーンを使ったり、広くて青い空を生かした写真を撮りましょう。
    年間で1番暑い月になるので、和装はなるべく室内のある場所で撮影しましょう。

    人気度 ★★
    快適さ ★★
    混雑度 ★★★   ※混雑度は星が多い方が空き有。
    お得感 ★★★★

Attention

夏のフォトウェディングの注意点

青空の下笑顔の新郎新婦

Weather

暑さ・虫対策

・空調設備のあるロケ地を選ぶ。
・屋外の撮影はなるべく早い時間または、15時以降に設定する。
・屋根や木陰など、日陰になるスポットをうまく使って撮る。
・虫よけスプレーは必須です。スタジオにない場合は持参する。

白無垢を着付する先生

What to wear

衣装の工夫

・洋傘や、和傘をうまく使用する。
 その他、麦わら帽子やサングラスなどもオシャレで良い撮影アイテムになります。
・和装の長襦袢は半袖のものがあればそちらを使用してもらう。
・ウェディングドレスの場合は日焼けも注意!日焼け止めを持参しましょう。
・タキシードは、ベスト姿での撮影や、ウィングシャツにサスペンダーのみなどスタイル、さらには途中半ズボンタキシードに着替えると涼しい&2パターン楽しめてGood!

縁側で手をつないでいる和装姿のふたり

Prepare

準備する物

・ミニクーラーボックスに、凍らせた飲み物や、タオルを入れて持っていく。
・ハンディ―扇風機などがあると、どちらかが撮影しているときや、移動時に使用できて快適です。
・塩分を撮れる飲み物や、飴などもあると安心です。

タキシードとウェディングドレスを着た二人の手を突き上げたポーズの後ろ姿

Summer Photo Wedding

夏フォトのまとめ

夏のフォトウェディング紹介いかがでしたでしょうか。

世界中が異常気象などで、猛暑の日もありますが、うまく工夫と対策をして、最高の夏のフォトウェディングの想い出を残しましょう!

海・ビーチ&スポーツフォトプランを見る

庭園×お茶室

Japanese Garden × Chashitsu

新郎の肩に寄り添う新婦

夏のフォトウェディング特集という事で、夏も安心のお茶室のあるロケ地を紹介します。
ロケーション毎にプラン料金が表示されていて、施設の利用にかかる申請料金や入場料なども含まれた料金になりますので、是非参考にしてみてください。